自然療法とは

現代西洋医学との大きな違いがある

leaf私たちは体調が悪くなったりすると病院で診察を受け、必要に応じて処方された薬を処方していきます。

このような病気の治療や診察ではなく、体の仕組みそのものに基づいて健康的な状態の維持していこうとする機能を高める方法が自然療法になります。

自然療法と聞いても、どんなものなのか分からない人も多いですが、基本的には自然なものや天然のものを用いながら健康状態を整えていくものになります。

代表的なものとして、アロマセラピーや植物療法、リンパマッサージ、リフレクソロジー、フラワーエッセンス、天然成分によるサプリメントなどがあります。

こうした方法は近年日本で知られるようになりましたが、海外では古くから用いられてる方法となり、最も古いものでインドのアーユルヴェーダが自然療法の元祖と言われています。

使用されている方法を見ても、現代の西洋医学とは違っていることがわかります。
 

治療より予防

上記のような自然療法は、場合により症状の緩和や治療につながることがありますが、主には体の機能を正常に働かせて病気の予防をするために役立てられています。

一方で現代の西洋医学は病気になってしまった際に、病気そのものの原因と向き合い、症状は取り除くことや、手術をして病気そのもの取り除くことをメインにしています。

病気が見つかってから治療を行うものではなく、自然療法は病気が見つかる前の段階から防いで行くことが可能です。

現在の西洋医学のように手遅れになってしまうなどということが無く、その前の段階で万が一自分の体に変化が起きればすぐに気がつくことができます。

また病気になってしまってから治療を行う際には、体に負担がかかったりする事がありますが、自然療法は身体に負担をかけるものではありませんので、体力がなくなっているお年寄りなどでも取り入れていくことが可能になっています。

複数の方法を併用する事も可能

病気の治療を行っていく際には、病院側から指定された方法に基づき取り組んでいきますが、自然療法は自分で気に入ったものがあればいくつでも併用をすることが可能です。

食べ物や大気、それから食事の内容などを取り入れながら、体内の自然治癒力を高め、病気の予防に役立てることができるので、常に自己管理をすることにつながり、不快な症状が出てしまった際の緩和もスピーディになります。

どうしても自然療法で対処することができない場合には、西洋医学を用いて治療を行っていく必要がありますが、そうなる前の段階でまずは器具や薬に頼らず、自然療法で自分の体をマネジメントしていくようにしましょう。

自然療法の種類

古くから普及している手法について紹介します。

アロマセラピー

ストレス緩和をはじめとした諸症状に役立つアロマセラピーを取り上げます。

フィトテラピー(植物療法)

植物によって施術を行うものについて解説します。

リンパ

リンパの流れを良くする方法についてまとめました。

リフレクソロジー

幅広い分野で普及している足裏療法を取り上げます。

フラワーエッセンス

花の力を用いた自然療法についてご説明します。

サプリメント

昨今普及しているサプリメントの効果をまとめます。

自然療法を使うセラピーサロン

昨今、セラピーにおいて流行している自然療法にフォーカスを当てました。

Comments are closed.